2010年08月14日

3dCAD設計講義-CAD2

3dCADを使用した設計科目(CAD2/CAD3)を愛知産業大学通信教育部建築学科にて、かれこれ8年ほど担当させて頂いています(正確には、建築デザインU-2/建築デザインV-2の名称の時から)。

通信教育部の面接授業(スクーリング)ですので、生講師からの3日間受講となります。しかも9時半〜17時までビッチリの授業(~_~;)

学生の多くは3年次編入の社会人で、スクーリングも初めて、設計も初めて、CADも初めての初めてづくし。計画・構造・材料・建築史・造形・製図・模型…が未受講の方も少なくありません。

そんな超初心者方が、3日間で3dCAD操作と設計が習得できるものと臨んで来るのですから、講師にとっても、ハードルがとても高い授業なのです(-_-;)

その学生達がいきなり設計に挑戦してしまうと、新聞チラシにある建売住宅やマンションの見取り図のごとく、8畳の私の部屋+20畳のリビング…というような合算平面図になってしまいます。さらに3次元になると、その平面図を垂直にトコロテンのごとく押し出したような造形のオンパレード。

機能の合算だけなら、建築家は不要、大学の講義が建売住宅の営業マン養成になってしまいます(T_T)

そこで、入門となるCAD2では機能を排除し「3次元空間を積極的に意識できるオブジェの作成」を課題としています。
屋根や外壁が無い建築未満になるのですが、壁・柱・階段・スロープ・ブリッジといった、建築要素で構成しなくてはなりません。
高さは10m程度、動線以外の床は禁止(地面を除く)、閉じた空間の作成は禁止です。

部屋や機能、ゾーニングから意識を開放させ、壁やブリッジが作り出す領域、異なる空間の関連性に注力することが目的となります。
CAD2_015.jpg
CAD2_008.jpg
CAD2_005.jpg
CAD2_002.jpg

学生作品の一部ですが、美術館の展示空間やホールのエントランスとして応用できそうな魅力的な造形ばかり。
次のステージは、構造や機能も考慮した建築として完成させるCAD3へと続きます。

そうそう、使用アプリケーションはAutoCAD Architecture(Autodesk社)です。
ラベル:3DCAD
posted by 石崎友久 at 17:34| 東京 ☁| Comment(4) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

ティンバライズ建築展

成熟した樹木では光合成の効率が悪く、多くのCO2を吸収してくれない。それどころか、腐敗や燃焼により樹木内に蓄積されたCO2を大量に放出してしまう。

なので、
1.伐採した樹木には大量のCO2が貯蔵されているので適切な扱いが必要。
2.適切な伐採により森には若い樹木を育成させる必要がある。

さらに、
2000年の建築基準法改正で特殊建築物での木造耐火建築物が可能になった。

よって、
「大量の木材を扱う建築に目を向け、建材として使用しつつ大量のCO2を貯蓄する方法を提案するのだ!」

という展覧会へ友人が参画しているため、表参道のスパイラルへ見学に行ってきました。
T4.jpg

東京大学生産技術研究所・腰原研究所を中心に若手建築家達が頑張っています!
報道も集客も凄く、注目度は高シ!
T8.jpg

久しぶりのスパイラルでしたが空間が狭く感じるほどの巨大なインスタレーション。
樹脂やコンクリートと違い、木は良いですよネ〜
T6.jpg

しかし、
コンセプトは理解できたのですが、手法や建築デザインが新しく無いのです(>_<)
T2.jpg

同コンセプトにて既に、石井和紘氏が2001年にCO2常陸太田市総合福祉会館を竣工しているし、集成材による木造大架構建築物は体育館や教会でも使用されいる(高価なため普及していないが・・・)。さらに耐火被覆としての木材では鉄骨造になってしまう。
造形的可能性を楽しみにしていただけに・・・(~_~;)

唯一、
友人が設計する「Solid:単板積層材大型ブロック造」には新しさを感じました!
T1.jpg

物語には、
必ずフィクションが必要。製材過程、運搬、施工で発生するCO2、建設・維持メンテナンスに関連するコストや費用対効果が明記されていませんでした。
今回の展覧会は、建築を媒体としたCO2削減キャンペーンなのか?
それともリアルな建築スタイルとして成立させるための営業イベントなのか?
読者としては、その辺を明確にしていただけるともっとエンジョイできる気がしました。

今後、静岡県や名古屋などを巡回するそうですので必見!
各大学の木材をテーマとした設計パネルと模型も楽しいです。
ラベル:建築
posted by 石崎友久 at 13:35| 東京 🌁| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月28日

WABI SABI?

いわゆるトタンの外壁です。

しかも錆びています。
しかし寂びの味わいです。

鉄骨造における最も安価な建材なのでしょうが、昨今の形成セメント板をタイル調に塗装したものや、鉄板にビニールコーティングしたサイディングでは味わえない、美しさを感じるのは私だけでしょうか?


安価であっても素材の特性に偽りの無い姿…

Steel House.jpg.jpg
ラベル:建築
posted by 石崎友久 at 03:28| 東京 ☀| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月09日

配列複写集合住宅

複写配列住宅.jpg

ちょっとズレ具合が均一ではありませんが同じ形状を6回配列した建物を発見しました。

ファサードと前面道路との関係から、上手く?雁行させたデザインを試みています。
果たして裏側廊下部分も雁行しているのか?それとも直線なのか?

雨樋を見ると屋根の個数だけ縦樋を設ければ簡単かつそれなりの規則を保てそうなのですが・・・なんだかゴチャゴチャ。
裏側に流れる屋根にも同様なズレがが生じていると判断しますが、壁との取り合いや雨じまいは大丈夫なのかしら(~_~;)
塀のデザインにも配列複写で、立看板が連続しています。

デザインは南仏なのかな〜
かなり独特名パワーを持ち合わせたデザインでした。
ラベル:建築
posted by 石崎友久 at 19:25| 東京 🌁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年02月17日

苺ムースHouse

P_House_4b.jpg
お菓子の家ではありません(^^ゞ

とある街で見かけた住宅の外装が、苺ムースを連想させたのでUPしてみました。

100217_苺レアチーズ.JPG
<私が作成した苺レアチーズケーキ>

在来の木造ではなく、壁の横帯状リブから、規格パネルを活用したハウスメーカーの仕様で、その上にリフォームで塗装を掛けたのではないかと推測します。さすがにメーカもこのコーディネートはラインナップには無いと思いますので・・・

1年もすれば塗装も色焼けしますので、馴染んでくると思いますが、吉祥寺でなくて良かったですネ〜
某有名漫画家のご自宅と比較しても、勝るとも劣らない鮮やかさ(~_~;)

梅図_House.jpg
<天才漫画家自邸>

東京は、どんより空なのでなかなかフロリダやLAのような雰囲気にはなりません。
また、サッシュ・屋根・雨樋・帯びがチョコレート色というのが、余計に鮮やかさを際立たせているのだと思います。

でも、チャレンジ精神のあるオーナに拍手!
私も勉強になりましたm(__)m

ラベル:建築
posted by 石崎友久 at 14:41| 東京 ☁| Comment(0) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。