2010年06月25日

ヒックとドラゴン

子供が映画の試写会招待状をいただきましたので、私も引率で映画を観てきました。

子供とドラゴンの友情物語です(ネタバレにならない程度に・・・)。オールCGなのですが木漏れ日や炎の演出は素晴しいですよ。
静止画では単なるアニメも、動き始めると表情や動きが繊細なため、不思議と感情移入してしまします。
下手をすると俳優は失業かもしれないほど、人間臭い上手い演出です。
本来は3DCGなのですが試写会では2Dでした。が、充分楽しめる映画ですヨ。
ヒックとドラゴン.jpg

劇場へ足を運ぶのは本当に久しぶり(子供はそれなりに映画館へ足を運んでいるようですが)なので、上映前から建物の雰囲気にワクワク。
場所は有楽町にあるプロセニアム型の多目的ホール。壁面と天井の照明効果がイイネ!
恐らく60〜70年代がオリジナルだと思います。
東商ホール_1.jpg

ホワイエでは、試写会ならではのアンケート記入光景。ホワイエの壁には陶器タイルが貼ってあり、天井も劇場内と親和なデザイン。
さりげなくも、バランスの良い主張は好きです。
東商ホール_2.jpg
ラベル:劇場 映画
posted by 石崎友久 at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。