2010年08月14日

3dCAD設計講義-CAD2

3dCADを使用した設計科目(CAD2/CAD3)を愛知産業大学通信教育部建築学科にて、かれこれ8年ほど担当させて頂いています(正確には、建築デザインU-2/建築デザインV-2の名称の時から)。

通信教育部の面接授業(スクーリング)ですので、生講師からの3日間受講となります。しかも9時半〜17時までビッチリの授業(~_~;)

学生の多くは3年次編入の社会人で、スクーリングも初めて、設計も初めて、CADも初めての初めてづくし。計画・構造・材料・建築史・造形・製図・模型…が未受講の方も少なくありません。

そんな超初心者方が、3日間で3dCAD操作と設計が習得できるものと臨んで来るのですから、講師にとっても、ハードルがとても高い授業なのです(-_-;)

その学生達がいきなり設計に挑戦してしまうと、新聞チラシにある建売住宅やマンションの見取り図のごとく、8畳の私の部屋+20畳のリビング…というような合算平面図になってしまいます。さらに3次元になると、その平面図を垂直にトコロテンのごとく押し出したような造形のオンパレード。

機能の合算だけなら、建築家は不要、大学の講義が建売住宅の営業マン養成になってしまいます(T_T)

そこで、入門となるCAD2では機能を排除し「3次元空間を積極的に意識できるオブジェの作成」を課題としています。
屋根や外壁が無い建築未満になるのですが、壁・柱・階段・スロープ・ブリッジといった、建築要素で構成しなくてはなりません。
高さは10m程度、動線以外の床は禁止(地面を除く)、閉じた空間の作成は禁止です。

部屋や機能、ゾーニングから意識を開放させ、壁やブリッジが作り出す領域、異なる空間の関連性に注力することが目的となります。
CAD2_015.jpg
CAD2_008.jpg
CAD2_005.jpg
CAD2_002.jpg

学生作品の一部ですが、美術館の展示空間やホールのエントランスとして応用できそうな魅力的な造形ばかり。
次のステージは、構造や機能も考慮した建築として完成させるCAD3へと続きます。

そうそう、使用アプリケーションはAutoCAD Architecture(Autodesk社)です。
ラベル:3DCAD
posted by 石崎友久 at 17:34| 東京 ☁| Comment(4) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

手長エビ-釣果報告

梅雨明けに急遽、子供と釣りに行くことになりました。
前日夜にオコゼを釣中の友人から携帯電話で確認→海は諦め、前からやりたかった手長エビに決定(^^♪
手長エビ_01.jpg

当日朝は、竿とバケツ、網、弁当、水筒を持参で出陣。
場所は江戸川のテトラポット、仕掛けも餌も無いので、iPhoneからググって近場の釣具店を検索→ほとんんどが10時開店(>_<)
ようやく駅前に9時から開店の、釣ブームの前の前からあったような地元のオヤジ店長が構える小さな竿屋へ到着。
私の好きなタイプのお店で、インターネットでは知りえない情報とアカムシを入手で、安心して再出発。

風が強く、水面も荒れていたので心配していましたが、結構な釣り人、既に釣りつくされてしまったのでは?
との、心配はよそに娘が初GET!
手長エビ_07.jpg

続いて私もGET!
手長エビ_02.jpg

次男は、ハゼが上がるも目的達成できず少々ご機嫌斜め(~_~;)
やがてコツを掴んだのか無事GET!
手長エビ_04.jpg

やがて次男は、アカムシの体液が出ない針刺しの方法や3匹刺しの手法、竿を入れてから3秒が勝負で当たりを感じながらゆっくりと、最後は一気に引き揚げるなど、色々と開発してハマッてしまった様子。
手長エビ_03.jpg

11時〜17時までの釣果です。
手長エビ_05.jpg

素揚で塩をフリ、頂く季節のおつまみは最高!
ジューシーで香ばしく、ビールが美味しい、幸せな一時でした(^^ゞ
手長エビ_06.jpg
ラベル:釣り
posted by 石崎友久 at 18:34| 東京 ☀| Comment(0) | 釣り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

3Dボリュームチェック

新規集合住宅プロジェクトの、斜線制限、安全条例、建築面積、ボリューム感のチェックを約2.5日でトライしてみました。
パース_1.jpeg

階高を半分ずらした左右の2棟を階段がスキップフロアに接続するタイプなので、平面だけではイメージが不十分。手すり等の詳細は省きおおまかな構成を確認したものです。

今回は超短時間での作業にて、Autodesk Architecture 2010でトライ。壁・建具・階段・樹木・スラブと、扱いが非常に簡単でした。

各階の平面図を作成して、外部参照で階高を調整しながらアタッチ合成するのですが、凹凸の陰影やイメージチェックは3dならではの即効的効果を発揮します。
3dで確認しながら、平面計画もドンドン変更→再度3d確認を繰り返すのですが、立体的不整合も容易に判断可能。

レンダリングは、外部参照で合成したままで実行。
外部参照でないオブジェクトにはマテリアルをアタッチしましたが、基本は白のままです。
照明も「上空の背景とイルミネーション」を利用しただけ。
パース_2.jpeg

結果は、なんとなく精彩に欠けた印象になってしまいましたが、とりあえずの確認用としては満足できる内容でした。
ラベル:AutoCAD
posted by 石崎友久 at 01:11| 東京 ☀| Comment(12) | AutoCAD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月25日

ヒックとドラゴン

子供が映画の試写会招待状をいただきましたので、私も引率で映画を観てきました。

子供とドラゴンの友情物語です(ネタバレにならない程度に・・・)。オールCGなのですが木漏れ日や炎の演出は素晴しいですよ。
静止画では単なるアニメも、動き始めると表情や動きが繊細なため、不思議と感情移入してしまします。
下手をすると俳優は失業かもしれないほど、人間臭い上手い演出です。
本来は3DCGなのですが試写会では2Dでした。が、充分楽しめる映画ですヨ。
ヒックとドラゴン.jpg

劇場へ足を運ぶのは本当に久しぶり(子供はそれなりに映画館へ足を運んでいるようですが)なので、上映前から建物の雰囲気にワクワク。
場所は有楽町にあるプロセニアム型の多目的ホール。壁面と天井の照明効果がイイネ!
恐らく60〜70年代がオリジナルだと思います。
東商ホール_1.jpg

ホワイエでは、試写会ならではのアンケート記入光景。ホワイエの壁には陶器タイルが貼ってあり、天井も劇場内と親和なデザイン。
さりげなくも、バランスの良い主張は好きです。
東商ホール_2.jpg
ラベル:劇場 映画
posted by 石崎友久 at 23:12| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月23日

iOS4-iPhone3GS

iPhone3GSをマルチタスクのiOS4へとアップグレードしました(ソフトのダウンロードで無償)。
iTunesから行なうのですが、ダウンロードやバックアップでトータル30分程度、光回線なためか順調に完了。

携帯電話にマルチタス?
スピーカモードに切り替えて会話を継続しながら、頻繁に使用するアプリを起動できます。
今までも通話中にイロイロと操作できましたが、ホームボタンをダブルクリックで画面下部に4つのアイコンが表示されるので、左右にスライドさせて使用できるアプリアイコンを表示させます。
iOS4_5.jpg

かおもじがデフォルトに(^^♪
画像は少々合成していますが、かおもじアイコンをタップすると候補が表示されるようになりました。
iOS4_2.jpg

写真撮影地のログ
写真が保存されているカメラロール内に「アルバム」と「撮影地」が搭載されました。「撮影地」では、画像毎の地理的位置が地図上のピンで表示されます。ピンをタップすると撮影画像が表示されます。
従来は、日付やファイル名から画像を検索していましたが、地図からなんて面白いですネ。
iOS4_4.jpg

残念至極
以前から大変期待していた、Skypeとradiko(インターネットラジオ)のアプリはマルチタスク未対応。
Skype通話をしながらTweet、ラジオを聴きながら写真撮影、なんて事はしばらくお預けのようです。

でも、壁紙も変えられるようになりましたし、3GSモデルですが暫らくエンジョイしてみます。
iOS4_6.jpg
ラベル:iPhone iOS4
posted by 石崎友久 at 20:29| 東京 ☀| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月17日

大哺乳類展-陸のなかまたち

国連が2010年国際生物多様性年に制定した関連として開催された「大哺乳類展」の第一部(陸のなかまたち)を子供達と見学してきました。
最終日のためか60分待ち・・・そして会場も満員御礼でして、我が子達は順番どおりにパネルを見ながら標本なり展示物を観る我慢もなく、隙間からちょこちょこ覗く程度で終始。

確かに大人が見ても哺乳類の進化なんて、わっさわっさと大勢で大空間を移動しながらでは理解できません。NHKの特集でアニメと併せてじっくりと観れば別ですが・・・

結局売りは、絶滅種(絶滅危惧種)の剥製&骨の展示のようです。実物大ですから分りやすいですネ。
大哺乳類展_05.jpg

しかし、宮崎県では毎日何千頭もが犠牲になっていると思うと複雑な気持ち、どうせ触れないのですから本物でなくてレプリカでも良いのではないでしょうか?
また、骨も恐竜ぐらいでかいと迫力がありますが貴重な研究材料であれば樹脂でも良いのではないかと感じてしまいました。
大哺乳類展_01.jpg

哺乳類の進化ですから、ねずみの干物がゴロゴロ。研究者には申し訳ありませんが微妙な気持ちです。
スケール的にはクマが分りやすかったですネ。
大哺乳類展_11b.jpg

国立科学博物館は昭和6年(1931年)に再建、設計は小倉強(文部省)RC3階、地下1階、タイル貼りですが、対照形で威厳ある建築。県庁などに使用できそうな風格。
大哺乳類展_07.jpg
大哺乳類展_08.jpg
ラベル:大哺乳類展
posted by 石崎友久 at 18:09| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月13日

iPhone3G-Skype

iPhoneの3G回線(携帯回線)からSkypeが使用できるようになりました!
ご存知のように、Skypeは互いにインターネットに接続した状態で利用できる無料通話サービスですが、iPhoneでもWiFi環境にあればPC同様に利用が可能でした(現在も引き続き可能)。
http://tomolog08.seesaa.net/article/141299396.html

ところが、3G回線のWeb接続でも同様にSkypeが可能になったのです。
ということは、携帯電話通話と同様にSkypeが可能。
ということは、iPhone同士であれば事前にSkypeに接続しておけば「ただとも」時間外でも無料通話が可能なのです。

しかし、はたしてSoftbankは回線通話が激減になり大丈夫なのでしょうか?
SkypeにはSkypeOutといって激安の一般回線への通話システムもあります。

と思いきや、期間限定のようでした。
Skype3G_1.jpg

当初は2010年8月まででしたが、Skypeからは以下のようなメッセージです。
2010年末まで使用できるようです(^^♪
↓↓↓
WiFiホットスポットが見つからないため、Skypeにアクセスできなかったことはありませんか? そんなときもご安心ください。これからは、iPhoneから3G回線経由で、Skype同士の無料通話を送受信すること、そして固定電話と携帯電話に通話を発信することができます。

この新しい通話機能をお試しいただくため、2010年末まで3G回線経由の Skype同士の無料*通話を提供しています。その後は、わずかな月額料金が適用されます。.

そして今まで通り、WiFiホットスポットさえ見つかれば、いつでもSkype同士の無料通話を発信できます。
↑↑↑

3G回線から実験してみたところ、見たことのない表示が現れましたが、通話品質は相変わらず良好でした。
Skype3G_4.jpg

iPhone4から新iOSになりマルチタスク対応に…
Skypeを常時接続しておけば、通常の携帯電話のごとく受信が可能になりますネ。
Skype3G_5.jpg

私のiPhone3GSも新iOSへとUPグレードできますので(無償)楽しみです。
ラベル:IOS skype iPhone
posted by 石崎友久 at 02:10| 東京 ☀| Comment(2) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月03日

東京農業大学見学

先日、お世話になるM先生のかばん持ちで東京農業大学へお邪魔してきましたました。

農業大学の教授なんて、作業着に長靴かな〜だなんて思っていたら大間違いですヨ!
今はバイオの時代→科学の研究所。樹木も多く、校舎など外観からは工学系大学と同じです。

お会いしたのは60代のMK教授、爽やかなスーツ姿で話上手。
教授以外に某社外取締役の肩書きがあり、そちらでも貴重な存在。
仕事内容、研究サンプル紹介、趣味、研究の夢(社会貢献)、研究素材を活かせる企業を探しているなど・・・研究者らしからずテンポ良く簡潔明瞭に、お話をくださいました。

続いて、低ロス燃料チップ製造や液体燃料ほか、生活ゴミ(学校給食生ゴミなど)から作る肥料装置などを、実行予算から対世帯数までをミニツアーで案内くださいました。
画像はお土産の肥料
肥料.jpg

社会科見学コースに組み込まれるなど注目度は高く、MK教授の人柄と戦略は素晴しい限りです。
そのためか、大学は小子問題など関係なくずっと右肩上がりだとか・・・

画像は、水道水を使用しない温室屋根からの雨水を利用したビオトープ。
メダカ、糸トンボ、塩辛トンボ、蓮、菖蒲を確認できました。
ビオトープ.jpg

魅力ある人柄に魅力ある研究、勉強になりましたm(__)m
ありがとうございました。
ラベル:研究
posted by 石崎友久 at 15:41| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月31日

ティンバライズ建築展

成熟した樹木では光合成の効率が悪く、多くのCO2を吸収してくれない。それどころか、腐敗や燃焼により樹木内に蓄積されたCO2を大量に放出してしまう。

なので、
1.伐採した樹木には大量のCO2が貯蔵されているので適切な扱いが必要。
2.適切な伐採により森には若い樹木を育成させる必要がある。

さらに、
2000年の建築基準法改正で特殊建築物での木造耐火建築物が可能になった。

よって、
「大量の木材を扱う建築に目を向け、建材として使用しつつ大量のCO2を貯蓄する方法を提案するのだ!」

という展覧会へ友人が参画しているため、表参道のスパイラルへ見学に行ってきました。
T4.jpg

東京大学生産技術研究所・腰原研究所を中心に若手建築家達が頑張っています!
報道も集客も凄く、注目度は高シ!
T8.jpg

久しぶりのスパイラルでしたが空間が狭く感じるほどの巨大なインスタレーション。
樹脂やコンクリートと違い、木は良いですよネ〜
T6.jpg

しかし、
コンセプトは理解できたのですが、手法や建築デザインが新しく無いのです(>_<)
T2.jpg

同コンセプトにて既に、石井和紘氏が2001年にCO2常陸太田市総合福祉会館を竣工しているし、集成材による木造大架構建築物は体育館や教会でも使用されいる(高価なため普及していないが・・・)。さらに耐火被覆としての木材では鉄骨造になってしまう。
造形的可能性を楽しみにしていただけに・・・(~_~;)

唯一、
友人が設計する「Solid:単板積層材大型ブロック造」には新しさを感じました!
T1.jpg

物語には、
必ずフィクションが必要。製材過程、運搬、施工で発生するCO2、建設・維持メンテナンスに関連するコストや費用対効果が明記されていませんでした。
今回の展覧会は、建築を媒体としたCO2削減キャンペーンなのか?
それともリアルな建築スタイルとして成立させるための営業イベントなのか?
読者としては、その辺を明確にしていただけるともっとエンジョイできる気がしました。

今後、静岡県や名古屋などを巡回するそうですので必見!
各大学の木材をテーマとした設計パネルと模型も楽しいです。
ラベル:建築
posted by 石崎友久 at 13:35| 東京 🌁| Comment(2) | 建築 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月08日

野川公園

連休の合間に小金井にある「都立野川公園」に行ってきました。
都立野川公園_1 (1).jpg

当初は園内レンタルBBQを目論んでいたのですが予約が取れず断念。
しかし、アスレチックや自然観察園もあるので、取り敢えずスルメと糸とカゴを持って出発!

元は国際基督大学のゴルフコースだったとか…開けた芝部分と芝の中に林間部分がある爽やかな公園です。
犬同伴が認められているため、大小様々な種類と楽しそうな家族。
あまり見ない光景に感じました。

自然観察公園に隣接する河川敷では、バードサンクチュアリ計画のため野川の水を引き込み池や水田などを作っています。
そのわだちに、糸を垂らすと…アメリカザリガニや日本ザリガニが居るものですね。結構釣れました。
都立野川公園_1 (4).jpg

手で捕獲できるほどの浅さなのですが、スルメでおびき寄せるのが楽しいようです。
都立野川公園_1 (3).jpg

こちらの画像は、武蔵野公園にあるBBQ広場なのですが物凄い人々で、焼きながら立食のグループも目立つほど。
都立野川公園_1 (7).jpg

今年は珍しく、ゴールデンウィークに休みを取りましたが、皆さん普段からこんな感じで遊んでいるのでしょうか???
posted by 石崎友久 at 15:55| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。